沖縄観光 | 沖縄専門学校 | 沖縄タウンネット | オリジナルグッズ制作 | 沖縄印刷 | テレビCM | 沖縄ラジオCM | 翻訳通訳 | ホームページ制作 | 海外進出

琉球・沖縄の歴史上の偉人や事柄辞典。 title=

カテゴリー

キーワード検索


識名園 (しきなえん)

琉球王朝の迎賓館。
[史跡] [世界遺産]
■中国皇帝からの使者である冊封使をもてなすために作られた庭園。
■琉球王国・第二尚氏王統・14代目国王・尚穆王の時代に造園が始まり、尚温王の1799年に完成した。
■第二次世界大戦後にて被爆したが戦後修復された。
■2000年11月に首里城跡などとともに
「琉球王国のグスク及び関連遺産群」
としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。
【連絡先】
〒902-0072 沖縄県那覇市真地421-7
TEL:098-855-5936

識名園 に関連するその他の情報

本文中に「識名園」を含むその他の情報が 1件ありました。
>> 沖縄の世界遺産
…沖縄の王朝史がそのまま世界遺産に。
「識名園」についてGoogle検索でもっと調べてみる。
 >> Googleで「識名園」「史跡」「世界遺産」で検索
「識名園」についてGoogle画像検索でもっと調べてみる。
 >> Googleで「識名園」「史跡」「世界遺産」で画像検索
「識名園」について質問してみる。
 >> Yahoo!知恵袋 >> 教えて!goo
<<< 「世界遺産」の前の情報へ
>>> 「世界遺産」の次の情報へ

他の 世界遺産 関連情報 (2件)

沖縄の世界遺産

■日本で11番目の世界遺産として、2000年11月に首里城跡などとともに 「琉球王国のグスク及び関連遺産群」 としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。 【一覧】 今帰仁城跡(なきじんじょうせき) 座喜味城跡(ざきみじょうせき) 勝連城跡(かつれんじょうせき) 中城城跡(なかぐすくじょうせき) 首里城跡(しゅりじょうせき) 園比屋武御嶽石門(そのひやんうたきいしもん) 玉陵(たまうどぅん) 識名園(しきなえん) 斎場御嶽(せーふぁーうたき)
>> ページに移動
斎場御嶽

■琉球開びゃく伝説に登場し「アマミキヨ」が造ったとされる、国始めの七御嶽の一つで琉球最高の聖地。 ■「せーふぁー」は最高の位といった意味がある。 ■御嶽の中には、 御門口(ウジョウグチ)、 大庫理(ウフグーイ)、 寄満(ユインチ)、 三庫理(サングーイ) など「六つのイビ(神域)」がある。 ■聞得大君の就任式である「お新下り」もここで執り行われていた。 ■2000年11月に首里城跡などとともに 「琉球王国のグスク及び関連遺産群」 としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。 【連絡先】 〒901-1511 沖縄県南城市知念久手堅270-1 TEL:098-949-1899
>> ページに移動

琉球・沖縄の歴史上の偉人や事柄辞典。