沖縄観光 | 沖縄専門学校 | 沖縄タウンネット | オリジナルグッズ制作 | 沖縄印刷 | テレビCM | 沖縄ラジオCM | 翻訳通訳 | ホームページ制作 | 海外進出

琉球・沖縄の歴史上の偉人や事柄辞典。 title=

カテゴリー

キーワード検索


琉球の位階・身分 (りゅうきゅうのいかい・みぶん)

身分
[官職] [制度]
【身分】
■王族、上級士族、一般士族、平民に分かれ、位階で身分が決まるのは上級、一般の士族のみ。
■王族と平民は位階の上下に位置し、位階の階級はあてはめられない。
■平民の呼称については、町百姓(町民)、田舎百姓(農民)、筆算人(地方役人)などに分けられていた。

「琉球の位階・身分」についてGoogle検索でもっと調べてみる。
 >> Googleで「琉球の位階・身分」「官職」「制度」で検索
「琉球の位階・身分」についてGoogle画像検索でもっと調べてみる。
 >> Googleで「琉球の位階・身分」「官職」「制度」で画像検索
「琉球の位階・身分」について質問してみる。
 >> Yahoo!知恵袋 >> 教えて!goo
<<< 「制度」の前の情報へ
>>> 「制度」の次の情報へ

他の 制度 関連情報 (2件)

琉球の位階

■琉球王国・第二尚氏王統・3代目国王・尚真王の時代にその基本形が確立された。 ■1509年、金銀の簪(ジーファー、かんざし)によって貴賤の別を定めた。 ■1524年、六色の冠(ハチマチ)によって等級が制定された。 ■のち1706年、「琉球国中山王府官制」に九品十八階の位階制度を程順則らが制定。 ■1732年、位階昇進の細目を記した「位階定」を蔡温が制定。 ■位階制度は上級士族と一般士族に適応されたもので、王族は位階制度の上に位置づけ、平民は位階制度の下に位置づけられている。
>> ページに移動
琉球の位階・冠(ハチマチ)

【冠(ハチマチ)】 譲位から順に赤地金入、五色浮織冠、赤地五色浮織冠、黄地五色浮織冠、紫地五色浮織冠、青地五色浮織冠、紫地浮織冠、紫冠、黄冠、赤冠、青冠、緑冠。
>> ページに移動

琉球・沖縄の歴史上の偉人や事柄辞典。