沖縄観光 | 沖縄専門学校 | 沖縄タウンネット | オリジナルグッズ制作 | 沖縄印刷 | テレビCM | 沖縄ラジオCM | 翻訳通訳 | ホームページ制作 | 海外進出

琉球・沖縄の歴史上の偉人や事柄辞典。 title=

カテゴリー

キーワード検索


琉球の位階・邸宅

琉球の邸宅
[官職] [制度]
【邸宅】
■王子、按司など王族の住むものを「御殿(うどぅん)」と呼び、
■上級士族である親方(ウェーカタ)や中級士族にあたる親雲上(ペーチン)の住むものを「殿内(どぅんち)」と呼ぶ。
■一般士族の住む家は単に「家」と呼ばれた。

「琉球の位階・邸宅」についてGoogle検索でもっと調べてみる。
 >> Googleで「琉球の位階・邸宅」「官職」「制度」で検索
「琉球の位階・邸宅」についてGoogle画像検索でもっと調べてみる。
 >> Googleで「琉球の位階・邸宅」「官職」「制度」で画像検索
「琉球の位階・邸宅」について質問してみる。
 >> Yahoo!知恵袋 >> 教えて!goo
<<< 「制度」の前の情報へ
>>> 「制度」の次の情報へ

他の 制度 関連情報 (2件)

琉球の位階・久米村位階

【久米村位階】 ■久米村に住む中華系の士族に適応された位階。 ■秀才や通事(通訳)、申口座(三司官への取り次ぎ役)など中国の言葉や文化に詳しい専門家向けの役職がある。
>> ページに移動
琉球の位階・身分

【身分】 ■王族、上級士族、一般士族、平民に分かれ、位階で身分が決まるのは上級、一般の士族のみ。 ■王族と平民は位階の上下に位置し、位階の階級はあてはめられない。 ■平民の呼称については、町百姓(町民)、田舎百姓(農民)、筆算人(地方役人)などに分けられていた。
>> ページに移動

琉球・沖縄の歴史上の偉人や事柄辞典。