沖縄観光 | 沖縄専門学校 | 沖縄タウンネット | オリジナルグッズ制作 | 沖縄印刷 | テレビCM | 沖縄ラジオCM | 翻訳通訳 | ホームページ制作 | 海外進出

琉球・沖縄の歴史上の偉人や事柄辞典。 title=

カテゴリー

キーワード検索


尚泰王 (しょうたいおう)

第二尚氏王統・19代目王で第二尚氏王統最後の王。
[人物] [国王]
 生没年:1843-1901
■琉球王国・第二尚氏王統・18代目国王・尚育王の二男。
■琉球王国・第二尚氏王統・19代目国王であり最後の国王となった。
■琉球国王。
■居城は首里城。
■在位:1848年~1872年。→琉球藩王。
■童名は思次良金。
■1848年、4歳で即位。
■1853年、ペリー来航。
■1854年、琉米修好条約締結。
■1855年、琉仏修好条約締結。
■1859年、琉蘭修好条約締結。
■1872年、国王退位後、引き続き日本の華族(侯爵)として琉球藩王となる。
■1879年、琉球処分により琉球藩に沖縄県が設置され、尚泰王は藩王としての地位を失い、琉球藩は消滅した。
■首里城退去も余儀なくされ、華族として東京に居を移すこととなった。
■1901年、尚泰は59歳でその生涯を終えた。
■墓陵は首里玉陵

「尚泰王」についてGoogle検索でもっと調べてみる。
 >> Googleで「尚泰王」「人物」「国王」で検索
「尚泰王」についてGoogle画像検索でもっと調べてみる。
 >> Googleで「尚泰王」「人物」「国王」で画像検索
「尚泰王」について質問してみる。
 >> Yahoo!知恵袋 >> 教えて!goo
<<< 「国王」の前の情報へ

他の 国王 関連情報 (2件)

尚巴志王

■琉球国中山王。 ■居城は首里城。 ■琉球王国の第一尚氏王統・2代目王。 ■琉球王国最初の統一王朝を成立させた。 ■在位:1421年~1439年。 ■神号は勢治高真物(せじたかまもの)。 ■21歳で父の後を継ぎ南山の佐敷按司となる。 ■1406年、父・尚思紹と共に中山王・武寧の察度王朝を攻略、首里に遷都、明の永楽帝に遣いを出し、父・尚思紹を中山王に即位させる。 ■1416年、父・尚思紹と共に北山王・攀安知の怕尼芝王朝を攻略、次男尚忠を北山監守として北部を管理下に収める。 ■1421年、父・尚思紹王の崩御により中山王に即位。 ■1429年、南山王・他魯毎の大里王朝を攻略し三山を統一、第一尚氏王統による琉球王国最初の統一王朝を成立させた。 ■首里城を築き拡張整備した。 ■那覇港の整備をし、中国、日本、朝鮮、南方諸国との交易を行なった。
>> ページに移動
尚思紹王

■琉球国中山王。 ■居城は佐敷城。 ■琉球王国の第一尚氏王統・初代国王。 ■在位:1406年~1421年。 ■神号は君志真物(きみしまもの)。 ■父は鮫川大主(さめかわうふぬし)、母は大城按司の娘、祖父は伊平屋島の屋蔵大主。 ■1406年、長男・尚巴志が中山王・武寧を滅ぼし、明の永楽帝に遣いを出して、父である思紹が中山王となった。 その際、尚巴志は「父思紹は武寧の子である」と称して明に遣使している。 ■1416年、長男・尚巴志と共に怕尼芝王統(北山王国)を平らげる。 ■陵墓は「佐敷ようどれ」。航空自衛隊知念分屯基地管理地区(南城市佐敷)にあるゲートで「佐敷ようどれ」に行きたいと伝えれば通してもらえるようだ。
>> ページに移動

琉球・沖縄の歴史上の偉人や事柄辞典。