沖縄観光 | 沖縄専門学校 | 沖縄タウンネット | オリジナルグッズ制作 | 沖縄印刷 | テレビCM | 沖縄ラジオCM | 翻訳通訳 | ホームページ制作 | 海外進出

琉球・沖縄の歴史上の偉人や事柄辞典。 title=

カテゴリー

キーワード検索


比嘉秀平 (ひが しゅうへい)

臨時琉球中央政府行政主席・1代目琉球政府行政主席
[人物] [琉球政府行政主席] [臨時琉球中央政府行政主席]
■出身:読谷村
■琉球民主党・初代総裁。
■早稲田大学→和歌山県・高野山中学校勤務→沖縄民政府→翻訳課長→官房長→臨時琉球諮詢委員会委員長→琉球臨時中央政府行政主席→初代・琉球政府行政主席
■戦後:米軍統治下時代
■臨時琉球中央政府行政主席・在任期間:1951/4/1~1952/3/31
(和暦:昭和21年~昭和22年)
琉球政府行政主席・在任期間:1952/4~1956/10
(和暦:昭和22年~昭和26年)

比嘉秀平 に関連するその他の情報

本文中に「比嘉秀平」を含むその他の情報が 1件ありました。
>> 琉球政府行政主席
…米国支配下、限定的な機能と権限をもった沖縄行政の長。
「比嘉秀平」についてGoogle検索でもっと調べてみる。
 >> Googleで「比嘉秀平」「人物」「琉球政府行政主席」で検索
「比嘉秀平」についてGoogle画像検索でもっと調べてみる。
 >> Googleで「比嘉秀平」「人物」「琉球政府行政主席」で画像検索
「比嘉秀平」について質問してみる。
 >> Yahoo!知恵袋 >> 教えて!goo
>>> 「琉球政府行政主席」の次の情報へ

他の 琉球政府行政主席 関連情報 (2件)

屋良朝苗

■出身:読谷村 ■唯一の公選行政主席にして最後の行政主席。 ■日本復帰後の初代公選知事。 ■現・広島大学→教職時代→沖縄群島政府文教部長→沖縄教職員会長。 ■1968年に初の行政主席選挙が行われ西銘順治と争い当選。 ■戦後:米軍統治下時代 ■公選知事・在任期間:1972/5/15~1976/6/24 (和暦:昭和47年~昭和51年) ■県知事当選回数:2回。※琉球政府時代を合わせると当選回数3回。
>> ページに移動
当間重剛

■出身:那覇市 ■京都帝国大学→那覇市長→(戦時中)大政翼賛会沖縄県支部長→那覇市長→琉球上訴裁判所首席判事→那覇市長→琉球政府行政主席→ラジオ沖縄、沖縄テレビ放送社長就任。 ■3回目となる第15代那覇市長を務めた後任は、瀬長亀次郎。 ■戦後:米軍統治下時代 ■在任期間:1956/11/11~1959/11/10 (和暦:昭和26年~昭和29年)
>> ページに移動

琉球・沖縄の歴史上の偉人や事柄辞典。