沖縄観光 | 沖縄専門学校 | 沖縄タウンネット | オリジナルグッズ制作 | 沖縄印刷 | テレビCM | 沖縄ラジオCM | 翻訳通訳 | ホームページ制作 | 海外進出

琉球・沖縄の歴史上の偉人や事柄辞典。 title=

カテゴリー

キーワード検索


尚思紹王 (しょう ししょうおう)

第一尚氏王統・初代王
[人物] [国王]
 生没年:1354-1421
■琉球国中山王。
■居城は佐敷城。
■琉球王国の第一尚氏王統・初代国王。
■在位:1406年~1421年。
■神号は君志真物(きみしまもの)。
■父は鮫川大主(さめかわうふぬし)、母は大城按司の娘、祖父は伊平屋島の屋蔵大主
■1406年、長男・尚巴志が中山王・武寧を滅ぼし、明の永楽帝に遣いを出して、父である思紹が中山王となった。
その際、尚巴志は「父思紹は武寧の子である」と称して明に遣使している。
■1416年、長男・尚巴志と共に怕尼芝王統(北山王国)を平らげる。
■陵墓は「佐敷ようどれ」。航空自衛隊知念分屯基地管理地区(南城市佐敷)にあるゲートで「佐敷ようどれ」に行きたいと伝えれば通してもらえるようだ。

尚思紹王 に関連するその他の情報

本文中に「尚思紹王」を含むその他の情報が 1件ありました。
>> 尚巴志王
…第一尚氏王統・2代目王 琉球統一王朝・初代王
「尚思紹王」についてGoogle検索でもっと調べてみる。
 >> Googleで「尚思紹王」「人物」「国王」で検索
「尚思紹王」についてGoogle画像検索でもっと調べてみる。
 >> Googleで「尚思紹王」「人物」「国王」で画像検索
「尚思紹王」について質問してみる。
 >> Yahoo!知恵袋 >> 教えて!goo
>>> 「国王」の次の情報へ

他の 国王 関連情報 (2件)

尚徳王

■琉球国中山王。 ■居城は首里城。 ■在位:1460年~1469年。 ■神号は八幡按司または世高王。 ■尚泰久王の三男(側室・宮里阿護母志良礼の子)。 ■1460年、父・尚泰久王の死去により妾腹だが長兄・金橋王子を退けて第一尚氏王統・7代目王に即位。 ■マラッカとの交易を開始。 ■1466年、自ら2000の兵を率いて喜界島へ遠征し領土を拡大。 ■足利義政に使節団を派遣。 ■朝鮮から方冊蔵経を贈られる。 ■天界寺を創建。 ■1469年、29歳で薨去。直後に金丸(後の尚円王)がクーデターを起こし、第一尚氏王統一族はことごとく殺害、追放され、第一尚氏王統は滅亡した。 ■なお、尚徳王の崩御については、久高島で愛妾にうつつを抜かしているうちにクーデターが起き、漁師から金丸即位を聞き、憤って海に投身したとの説もある。 ■第一尚氏王統最後の国王となった。
>> ページに移動
尚育王

■琉球王国・第二尚氏王統・17代目国王・尚?王の長男。 ■琉球王国・第二尚氏王統・18代目国王。 ■琉球国王。 ■居城は首里城。 ■在位:1835年~1847年。 ■童名は思徳金(うみとくがね)。 ■士族の通える学校を作るなど教育に力を入れた。 ■1844年、フランス海軍の来航にあたり宣教師の布教活動を許可。 ■1846年、英国海軍が入港、宣教師ベッテルハイムが逗留した。 ■墓陵は首里玉陵。
>> ページに移動

琉球・沖縄の歴史上の偉人や事柄辞典。